2017年01月27日

桂枝茯苓丸と治打撲一方

先日の藤門会で、「桂枝茯苓丸シンポジウム」が開かれました。
症例への質問などから、打撲直後
特に目の周り等、顔面の打撲の時には
まずは、治打撲一方を使い、その後桂枝茯苓丸が良いようでした。
また、昔から私が行っていた
黄連解毒湯、続いて桂枝茯苓丸で対応されている方もおられました。
藤門会に参加させて頂いていると
ヒントを得ることが多いです。
有難うございます。
薬剤師 Misako🖋
posted by Misako at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月21日

世代交代

人材開発部長をさせて頂くことになってから、
面接等で、20代、30代の方とお会いする機会が増えて来た。
次世代の方々の人生や、仕事に対する考えを聞けることは
とても幸せだなあ……と昨夜も感じていた。
薬剤師 Misakoハイビスカス
posted by Misako at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月18日

打撲には気の巡りを良くする

本日コタロー製薬の薬局漢方の勉強会に参加しました。
今まで、打撲にはすぐ
黄連解毒湯と桂枝茯苓丸を服用するのを原則としていました。
今日の前半の講義の治打僕一方の処方解説のところで
まず気の巡りが大切とならったことは
今後の臨床のヒントになりました。
有難うございます。
薬剤師 Misako🖍
posted by Misako at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記