2018年08月09日

自己投資

昨日は、朝火傷をしてしまいました。
休日でしたので、紫雲膏をべったり塗って
久しぶりに自宅でのんびりしてました。

私が大好きなのは
片付け、映画、勉強です。

憧れているテニスン警視を見ながら
もういらないなあ……と思うものを
ドンドン シュレッダーにかけていました。

2011年位からの
漢方の資料や領収書がいっぱい出て来ました。

自分でもビックリ️

なんて贅沢に時間とお金かけられたのだろう!と。

週休3日制の会社だからこそ、行けました。

一方で経済的には、主人と父の応援を受けました。
父はもう亡くなりましたが

女性も、自分の食い扶持は自分で稼げないといけない
と薬剤師になるよう強く勧めてくれたのです。

父と主人はそっくりで
時々主人を見ていて、父を思い出します。

今朝見たら、水ぶくれになりそうだった足なのに
紫雲膏のお陰ですっかり良くなっていました。261F7CB8-5A91-4059-9CBA-BF7578F9D79E.jpeg

薬剤師 Misako
posted by Misako at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月07日

加藤先生との出逢い

3D8E0784-46CA-41EB-ABED-692B40C42851.jpeg
伊吹山のご縁で、松浦薬業、加藤 久幸先生にお会いしました。
漢方を何とか、次世代に伝えたい️と
強い思いで、全国を行脚されている
加藤先生に頭が下がります。
有難うございます。

新卒薬剤師が、納得のいくまで質問してくれ
幸せな時間でした。

薬剤師 Misako

posted by Misako at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月06日

薬局訪問

016DD880-74F0-4424-B901-C0FF65884EC5.jpeg
県薬広報委員会の方々が、薬局訪問に来られました。
昭和59年の開局当時のことを
会社の専務にインタビューしたことをベースにお伝えしました。

医薬分業することで
医師が薬のことを考える負担を少なく出来る。

薬局を何店舗か経営することで
目の前の医師が発行する処方せん枚数に依存しない
薬局経営が出来る。

このことが、患者さんのメリットとなる。

現在のインタビューに移ると
開局当時の哲学は貫かれ

地域の皆さんから応援を受け
健康サポート薬局として
日々色々な相談をうけている日常をお伝えしました。

薬剤師 Misako
440C1EF2-1DAD-495D-AB0E-529715BBCAAF.jpeg
posted by Misako at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記